特殊な家庭環境

私は現在,いいトシになってしまったのですが、子供の頃は大変でした。
というのも私が5歳の時に母親はガンで亡くなり、父は浮気相手と逃亡したからです。
ですので、私の子供の頃の記憶には父と母はおらず、その後引き取ってもらった母方の祖父母と一緒に暮らした記憶しかないですね。
私の記憶に残ってる子供時代の家族構成というと、5歳以降の祖父母と兄と私の4人で暮らしていた頃です。
住んでいた場所は祖父母宅ですが、東京や大阪のような都会ではないですが県庁所在地だったので一応都市部でした。
観光地となるお城もありましたし、自宅から半径1km以内に郵便局が5軒あるような所だったのでそれなりに栄えた土地でした。

家族の特徴ですが、祖父はのんびりとしたおおらかな人でした。
仕事は布団店です。
今は布団って安いものですし、古くなったら買い換えますよね。
でも当時は布団って古くなってくると打ち直しをし、リフレッシュさせてずっと同じ布団を使ってました。
ですので布団販売と布団打ち直し、これを生業にしてました。
趣味は特になく、お酒を飲むのが楽しみでした。
幸い祖父はお酒を飲んでも暴れるような酒乱ではなく、上機嫌になるタイプだったんです。
お酒に酔いつぶれて動けなくなるってこともなかったですね。

祖母は祖父の仕事の手伝いと家事ですね。
祖父はお金に関してルーズな所があったんですけど、祖母はキッチリしてました。
趣味は節約と貯金って感じでした。
今でも印象に残ってるのは祖母の食事です。
祖母はかなりの大食漢なんですが、男性のそれとは違ってました。
祖母の場合、ひたすらずーっと食べ続けてるんです。
例えば私や祖父の食事時間って10分ぐらいです。
出て来たものをサっと食べてすぐ満腹になるんですけど、祖母は一時間以上ずーッと食べてましたね。
食べるのが遅いのもあるんでしょうけど、子供心に異常だなと感じてました。

兄は私より5つ上です。
私は5歳で母は亡くなり父は去り、で両親の記憶はほぼありません。
しかし兄は当時10歳だったのでそれなりの記憶はあるようでした。
私は母が亡くなったのも理解出来てませんでしたが、兄はそれなりの年齢ですししっかりしないとっていう自覚があったんでしょう。
クラブ活動や塾はいってませんでしたが、成績は優秀でした。
それ故か、兄から強く躾けられることがありました。
こんな兄にも欠点はあります。
短気と肥満ですね。

これは兄というより祖父母が原因だったんでしょうね。

私と違い兄は初孫なので、猫ッ可愛がりしてました。
今でもおじいさんおばあさんって子供が可愛いばっかりで甘やかします傾向にありますよね。
普通なら実の両親がちゃんと教育して良いバランスとなるんでしょうが、残念ながら両親はいません。
ですので、食事は兄の好きなものをおなか一杯食べさせましたし、何か欲しいっていうと常に買い与えてました。
その結果、祖父母宅に来る前の兄はスマートだったのに、みるみる太ってましたね。
何か欲しいって強請ると祖父母は買い与えてたので、常に自分の思い通りになるって考えてる節がありました。
ですので思い通りにならないことがあると癇癪を起こして暴れてました。

私の子供の家庭環境はこんなところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする